2020/10/27

過去の自分に恥じない自分に

 



半年前の自分に今の自分は

恥じることはないと言えるだろうか



「Ryokoさんは覚悟が足りないのよ」



数年前に以前の職場で

年下だけれど先輩だった女性と

お互いの今後について

話をしていた時に

言われた言葉である



思いがけず人から

自分の弱みの核心を突かれ

愕然とした



私は転職経験が多い

ご縁で声をかけてもらい

職場を変わったことが

多かったけれど

自分の中では一つのことを

長く続けられないという

コンプレックスでもあった



これがやりたいとかしたい

というのもないし

何かできる自信もない

という私に前述の言葉だった



自分自身でも分かっていたけれど

その事実と向き合うことができず

「分かってはいるけど

なぜか覚悟できないよのね」

と言い訳のように繰り返し

目を背け、逃げ続けてきた



果たして今の自分は

その頃と変わっているか?



少しずつ変わり始めている

それは確かである



出来るか出来ないか

それはやるかやらないか

全て自分次第



私はASAMI-PARISで学び

ハイヒールの哲学と共に

生きることを決めた



後は前を向いて進むのみ



2020/04/24のBlog

「覚悟」より

2020/10/26

誰の為でもなく自分の為に

 



コンサルティングも後半に入り

今はアウトプットに取り組んでいる


けれどまたここでも自分の甘さが出てしまい

ASAMIさんとのセッション時には

毎度散々な姿をお見せする結果となっている


何度も見て聞いているのに

実際に自分で行うとなると

頭が真っ白になり

全く口から出てこず

身体も動かない


これを乗り越えるには

とにかく地道に繰り返し

積み重ねるしか方法はない


諦めずにコツコツと


誰の為でもなく自分の為に



2020/10/25

「存在」する意味


 


書家の相田みつをさんが

こんな詩を書かれていたのを思い出した



あなたにめぐりあえて

ほんとうによかった

生きていてよかった

生かされてきてよかった


あなたにめぐりあえたから

つまづいてもいい

ころんでもいい


これから先どんなことがあってもいい

あなたにめぐりあえたから


ひとりでもいい


こころから

そういってくれる人があれば



一人一人それぞれに「生きる」意味

「存在」する意味がある

そう改めて思った